• 住まいる工房 お客様サポート室

フェンス取付工事、完了しました!!

近年、老朽化したブロック塀が地震などの影響で倒れる事故を耳にされた方も多いと思います。


実際に老朽化したブロック塀の撤去し、フェンスを取り付ける工事のお問い合わせは年々増えてきている傾向にあります。


きちんと手入れをしている場合、ブロック塀の耐用年数は、最大で30年程度と言われています。厚さごとの耐用年数の目安は、15cmであれば30年程度、12cmで15年程度、10㎝は12年程度です。しかし、実際には、目安とされる年数の経過よりも早く寿命を迎えるケースが多くみられます。


劣化の多くは、ブロック塀を固めているモルタルが中性化・また水分を吸収したブロック内部にて鉄筋を酸化、膨張してブロック塀がひび割れを起こし、強度が落ちる「爆裂」という現象です。


近年の新築住宅ではあまり見かけなくなりましたが、お隣との境界線に5段以上のブロック塀で目隠しをしたり、道路から目隠しをする塀は少なくなりません。


実際に今でもそういった危険なブロック塀が多く存在しており、ブロック塀の段数を減らし、フェンスを設置するご依頼も多く頂いています。


今回もそういった老朽化してブロック塀の段数を減らし、新たにフェンスを設置する工事をご紹介します。



現在の建築基準法では、組積造のブロック塀の高さは最高1.2m(ブロック6段)までとされています。また、建築基準法施行例第61・62条の規定により、4m以内ごとに控え壁(ひかえかべ)を設置するなどの安全対策を取らなければなりません。

ブロック塀が1.2m超(ブロック6段超)の場合には、建築基準法施行例第61・62条の規定により、3.4m以内ごとに控え壁(ひかえかべ)を設置するなどの安全対策を取らなければなりません。また、高さは最高2.2m(ブロック11段)までとされています。


最近では、香川県でも震度4を観測する地震が発生し、改めて南海トラフ地震の防災意識が高まっています。


不幸な事故が起きる前に、対策を取られてみてはいかがでしょうか?


お気軽に弊社までご相談ください。


有限会社住まいる工房

087-841-0212

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示